スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の隠れ家

さて前回の記事で少しふれたのだが、私たち夫婦は家を建てることになった。

旦那は転職して住宅メーカーの設計担当になった。能力も認められ、お給料も上がり、それが自信に繋がっているからなのか男前が上がって頼りがいのある旦那になった。仕事ひとつでこうも変わるのかと驚くのと同時に、楽しそうに仕事している姿を見るのは嬉しくもある。

「家建てようか。」
そんな中、旦那がそう言ってきた。
確かに私たち夫婦2人で生きて行く以上、アパート暮らしという訳にもいかない。住宅ローンのことを考えても今の年齢が限界だろう。旦那にはもうひとつ考えがあるようで、「自分に何かあった時、今は何も残してやれないが、家は財産になる。」

旦那はこれからのことを考え、覚悟を決めたのだ。その後も話し合いを重ね、家を建てることになった。

住宅ローンの審査も通り、土地を選ぶことになった。土地を選ぶ上で重要視したのは…
1 道路の除雪対応が早い自治体
(雪が降る土地ではとても重要!自治体によってかなり差が出る)
2 将来性のある自治体
(財政が豊かであるか否か。移住者が増えているなど)

この2点から考えて八ヶ岳のふもとにある自治体に決めた。ここは観光地でもあり、子育て支援をしっかり行っているので若い移住者はもちろん、仕事をリタイアしてからの移住者も多い。土地によっては家を建てると助成金が出る。何より環境も素晴らしい。

土地も決まり、旦那が設計図を描くことになった。実は私には夢があった。それが図書館に住みたい!というものであった。であるから、一階はダンジョンの様に暗くしてずらっと本棚がならんでいる様にして欲しい。奥には和室があってそこで寝転んで本を読むのも良し、廊下の途中に無造作に置いたイスに座って読むも良し!まるで夢の様である。

それを旦那に伝えた。かなり奇抜な考えであるし、スタンダードではない。普通は玄関から入ってリビングにキッチンというスタイルがスタンダードだろう。それがスタンダードなのは、住みやすいからだ。奇抜な家は住みづらさも覚悟しなければならないが…

「面白い!それ面白いよ!スタンダードなものを設計するより、ずっとやりがいがある。設計者冥利につきるよ。こうなったら2人の好きなものを詰め込めるだけ詰め込もう!」と目を輝かせて言った。

こうして一階は図書館決定!となり和室には縁側を設けることも決まった。周りが緑に囲まれているので縁側で読書もできる。
なかなか良いではないか。

二階についてはまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんだりんず

Author:まんだりんず
<塾長みかん>愛媛出身福岡育ち
根性の無さといびきのでかさは誰にも負けない無芸大食パグ
<塾生A:みかんパパ>長野生まれのインテリ
<塾生B:みかんママ>福岡生まれで九州男児よりも喧嘩早い

福岡から長野へお引っ越し。ただいま奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
original movie

フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。