スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例えるとするならば

旦那の会社にパグを飼いたいという人がいるらしい。なので我が家のパグを見たがっているそうだ。パグハーレムを夢見る私としては、身近にパグが繁殖していくのは喜ばしいことだ。パグがアメーバの様に増殖していく…想像するだけで胸が高鳴る。

しかし、パグの顔立ちは様々である。我が家のパグは受け入れられるだろうか。

A子「ねぇ〜彼氏欲しくない?紹介したい人がいるんだけど。」
B子「彼氏欲しい!ねぇ〜その人芸能人でいうと誰に似てる?」
A子「えーと…似てる人いるんだけど名前が出てこない。あっ!火サスで医師とか金持ちの道楽息子役で出演してて、探偵役に疑われるんだけど、最後の方にワープロの遺書とともに遺体で発見されるの。探偵役が“しまった!私たちはとんだ勘違いをしていたようだ”って濡れ衣をきせられがちな役の人!」
B子「…」

ちなみに私は高校生の頃、友人が紹介してくれた人を見て一目散に帰りたくなった経験がある。芸能人というレベルではなく、私の脳裏に浮かんだワードは「ダイナソー」だった。しかも第一声が足を颯爽と組み替え「ご趣味は?」白亜紀に生きる彼と今を生きる私の間に大きな隔たりを感じた瞬間だった。

さてうちのパグに話は戻る。写真を幾度も見返し、寝顔を見れば見るほど悲しくなるくらい温水洋一に似ている。我が家の温水を見て、「…温水羊一とは暮らして行けない。」と言われたら…我が家のパグが世の中のラブリーパグのイメージを損ねないか心底不安で仕方ない。

余談だが、ダイナソーを紹介した友人に「あんたやったら付き合う?」と聞いたところ、「いい奴だけど絶対にイヤ」と爽やかな笑顔で断言された。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんだりんず

Author:まんだりんず
<塾長みかん>愛媛出身福岡育ち
根性の無さといびきのでかさは誰にも負けない無芸大食パグ
<塾生A:みかんパパ>長野生まれのインテリ
<塾生B:みかんママ>福岡生まれで九州男児よりも喧嘩早い

福岡から長野へお引っ越し。ただいま奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
original movie

フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。