スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごまをすって~ごまをすって~すりまくれ!!「課長!その髪型いいっすね。とてもカツラにみえないっすよ」」

絵本に関するコメを下さった方、ありがとうございます。

夢の中で檻に入った白い犬と黒い犬が夢に出てきまして、

よりそうように息をひそめていた2人が印象的で…

物語にしてしまいました。教訓も何もありません。

ただ言いたいことを言っただけの絵本になったので意味不明だったかも(泣)


ちなみに「I'll Be There」はみかんママの大好きな曲です。
初めて聞いた時、思わず泣きそうになっちゃったんですよね。
恥ずかしながら。こんなにも純粋な想いって存在するのかな?
と考え込んでしまいました。



さてみかんママ、たまに無性に食べたくなるものがあります。
それはズバリ!ゴマ豆腐
胡麻豆腐姉様

↑この画像はおいらはクロなのか?のセクシー熟女であらせられるゴマ姐様でふ。

父が高野山にいった帰りや、家族で高野山に行った時に必ず買って帰るんですが…
もう食べたいと思ったらこのトキメキは止まらない!
家で作れないのかしら?っと思っていたら、寒天レシピでごま豆腐を発見!

長野は寒天の産地として有名で、昔っからみそ汁にいれたり、サラダにしたりと
一般家庭で普通に食べるらしいのです。そーいやあ、一昔前ダイエットにいいちゃらなんちゃらで
テレビで取り上げられてましたねー。まあそりゃあどうでもいいんですが。

んで、寒天でゴマ豆腐を作るのに必要なものは、寒天、豆乳、砂糖、塩、練りゴマ…
うん?練りゴマ?

ないじゃん!普通の白ごまならあるんだけどな…スーパーで見ると意外と練りゴマって
お高いわ…もういいわ!高野山の修行僧のようにゴマをすってすってすりまくってやろうじゃないの!

というわけで、みかんママのごま豆腐食べたいプロジェクトに巻き込まれた、
可哀想なみかんパパと交代交代でゴマを練る練るねるねで一時間!
胡麻豆腐 すり
胡麻豆腐 すりすり

立派な練りゴマちゃんができましたよ。

あー疲れた…。

そしてできました!ごま豆腐
ごま豆腐 完成


ぱくっと食べてみると…美味しいんだけど、食感が羊羹とゼリーの間の子
みたいになってる。そりゃそうか。寒天だもの。
うーん。よし!次回は葛きりで作ろう!本場のごま豆腐は葛きりを
使うらしいのです。最初っからそうしてりゃあよかった…

今回のみかんママのごま豆腐食べたいプロジェクトの教訓

その1…次回から葛きりを使う
その2…練りゴマはスーパーで買う。だって面倒だもの。
以上です。

さて冬といえば、おコタ!おコタといえばみかん。
mm.jpg

みかん&みかん

みかんパパがみかんにみかんの絵を描いた。
坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた…の
ような響きがありますね。

塾長一人っきりでは可哀想なので、みかんママが他のみかんに
描き描き…おお!まるでみかん村!にぎやかになりました。
みかん村

※この後、このみかんは塾長夫婦と塾長がおいしくいただきました。

なにをやっているんだか…。
そうそう実は切り干し大根をベランダで作成ちぅでふ^^
うまくいったらアップしますねー。

ちなみに前回の絵本に関して動画のため少々文字が見にくいところがあったので
画像と文字でも追記記事にアップしました。読みたいという
方は、下記の続きを読むをクリックしてくださいませ。
よかったらこちらもご堪能くだされませ。


みかん村の住人になりたくなった方はワンポッチ↓
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

優しい檻-1
優しい檻


優しい檻-2
世界のどこかに、私たちも知らないところに動物達だけが住んでいる村がありました。
そこには飛行機でも
電車でも
車でも辿り着く事ができません。
でも確かにあるのです。


優しい檻-3
そこでは牛さんがパン屋で美味しそうなメロンパンを焼いていたり、
羊さんが靴屋さんでお洒落な革靴を作っていたり、
お母さん豚が赤ちゃん豚のためにあたたかい靴下を暖炉の前で編んでいたり…
穏やかだけれど美しい時間が流れていました。


優しい檻-4
そんな村に不思議なものがひとつ。
村の中央に大きな広場があるのですが、そこに大きな檻があるのです。
中には大きな黒い犬と小さな白い犬がお互いを支え合う様に寄り添っています。


優しい檻-5
いつからその檻があるのか、なぜそこにあるのか。村の人達は知りません。
お母さんのお母さんのお母さん…もっと昔からあったのかもしれませんが、誰も
わからないのです。


優しい檻-6
村の人達はとても優しい人達ばかりだったので、どうにか檻をあけてあげようとするのですが、
その檻の鍵はびくともしません。
誰かが「お前さんたちはどうしてそこにいるんだい?」
とたずねてもその二人は答えようとしません。ただ静かに首をふるだけ。


優しい檻-7
村の人々は食べ物や飲み物をあげようとしますが二人は食べようとしませんし、
飲もうとしません。
寒い冬には豚のお母さんが手縫いの毛布を持っていきましたが、それも二人は受け取りませんでした。


優しい檻-8
村の人達はそれで腹を立てたりしませんでした。なぜなら二人がとても何かで傷ついて悲しんでいるのが痛いくらい伝わってきたからです。
村の人達はそっと二人を見守るそれしかできませんでした。


優しい檻-9
そんなある日のこと。
村の人々も寝静まった夜遅く
檻の中の二人はふと目を覚ましました。
空には無数の流星群が流れては消えていく光景を見て小さな白い犬が
「あれからどれくらい経ったのかね。」
独り言のようにつぶやきました。
すると大きな黒い犬が
「さあね。忘れてしまったよ。」
と小さな小さな声で答えました。


優しい檻-10
その時でした。広場に小さな人間の女の子がやってきました。
赤い頭巾に真っ白いコートをきた可愛らしい女の子。
ここは動物しかこれないはずの村なのに?
こんな時間に人間の子供が?
しかしこの二人はそんなことまったく気にしていないようでした。


優しい檻-11
女の子はコートの中から湯気をたてたスープを取り出し二人の前に差し出しました。
しかし二人はそれに口を付けようとしません。


優しい檻-12
それを見た女の子は「どうしてそこにいるの?」と二人に聞きました。
それまで村の動物達に何を聞かれても答えなかった二人が口を開きました。
「傷を負ってしまったんだよ。心に大きな傷を。」
と小さな白い犬が答えました。
「私たちは傷を抱えることでしか生きていけなくなってしまったのさ。」
と大きな黒い犬が答えました。


優しい檻-13
「抱えることでなく分け合う事で癒される傷もあるんじゃないかしら?」
と女の子が聞くと、
「そんな生き方できやしないよ。わしらには。それにわしらの傷はわしらのもんだ。」
とまるで空に語りかけるように大きな黒い犬が呟きました。


優しい檻-14
「あなたたちを傷つけたモノを今でも恨んでいるの?」
女の子が聞くと二人は静かに首を横に振りました。
「いいや。傷つけるよりも傷をつけられた側で本当によかった。傷というのは
傷つけられたものにしか本当の痛みはわかりはしない。癒す事もできない。
できるのは想像するだけだ。」
と大きな黒い犬がいいました。


優しい檻-15
「傷つけた人の痛みを背負いそれを想像しながら生きるのはつらすぎる。
それだったら自分の痛みを抱えながら生きる方が楽さね。あいにくとわしらは
不器用でね。」と小さな白い犬が言うと、それに答える様に
「この世に完全なものは存在しない。完全なる絶望が存在しないようにね。
わしらはこんな不器用な世界を憎くも愛しくも思えるんだ。
不器用なわしらに不器用な世界はちょうどいいのさ。」と大きな黒い犬が呟くと
二人は二度と口を開く事はありませんでした。


優しい檻-16
女の子はしばらく二人をみつめていましたが、静かに立ち上がると美しい女性に姿を
変え天に昇っていきました。


優しい檻-17
あの二人がどれだけ大きな傷を負っているのかも知っていました。
天から見て知っていたのに救う事ができなかった。
そして今も。
その夜彼女は初めて涙を流しました。
優しい檻に入ってしまうことしかできなかった不器用な彼らのために。
その涙は温もりとなって優しく二人を包みました。


優しい檻-18
その翌日、広場を見て村人達が驚きました。檻がなくなっていたのです。
あの傷ついた目をした二人はどこにいったのか。誰もわかりませんでした。
しかし、誰も気付かない広場の片隅に
2輪の小さな花が
寄り添う様に風になびいていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ~♪

長野はおいしいものが多いですよね
毎年1月14日に「どんと祭」(10万人もの人で賑わいます)ってのがあるんですが
このときだけお隣の八幡さまに「おやき」の屋台が出ます
これが楽しみなんだなぁ♡
ブログにも屋台の写真載せちゃいました^^
小豆やかぼちゃ、高菜や切り干し大根、そば粉のおやきなど食べました(どんだけ食うんだ!)

そういえば去年も切り干し大根作るっていってましたね
私は面倒なので割り干しにしてたんですが
「どんと祭」の煙で薫製になっちゃったかも!!です(T T)
あんまり近いのも考えものですね
2日経っても干した洗濯物に匂いがつくんですもん(^^;;

お久しブリ大根です。
ごま豆腐姐さん、だしがきいてて、美味そうですね★
それにしても、ごますり、お疲れ様でした。
すり続けると練りゴマになるとは、知りませんでしたよ。
子供の頃、母の手伝いで、ゴマすりが好きでしたので、今でも胡麻和えなど作るとき、100均のミニすり鉢で、ゴリゴリしてます。あ、最近はあまり胡麻和えも作ってませんが。
胡麻豆腐のあの食感は、くせになりますよね。私も好きです♪

絵本も、ほんわかしてて、良かったですよ~。
あの子たちのその後、どうなったのか、いろいろ想像できるのが、良いです。
幸せになれたんだといいなぁ。。。

今晩はww
絵本、またまたじっくり読ませていただきました。
音楽にのせて流れるように心に沁み込んでくる動画編も良かったし
こうしてひとつひとつの言葉をかみしめながら読んでも
また響くものがありますね。


ウチの企画に塾長御出演いただきありがとうございました♪
アレ描いてる間に塾長の今までの映像が走馬灯のように
頭に浮かんできて…大変でしたのよ(爆)

胡麻姐豆腐…あのもっちりした食感は…たしかにゴマ姐に通じるものが…(笑)

ひなたもっこさんへ

どんと祭りの写真見ましたよ^^
コメにも書きましたが、長野のどんど焼きという
お祭りにそっくりでびっくりしました。もしかしたら
親戚みたいなもんかもしれませんね。

そう!長野は美味しいものがいっぱいなんですが、内陸地
のため、お刺身があまりないんです…海の街に生まれた私には
ちとつらいです。お刺身大好きなもんで。

そう!作る作ると言いながらも作らなかった…
あの伝説の切り干し大根(なんでやねん)
作ってしまいました!写真は後ほどアップしますね^^

きょとんさんへ

お久しブリーフです^^

絵本の感想コメありがとうございます。
お話はすぐにできあがりました。10分そこそこかな。
みかんパパが絵をつけてくれて…子どものころもよく絵本を
作ったりして遊んだので懐かしかったデス。

ゴマ豆腐は小さい頃から大好きで!一度でいいからたらふく
食べたい!という邪な願望が今回のねりゴマ事件へとつながって
しまいました…えへへ。みかんパパゴメン。

mamさんへ

絵本の感想コメ、ありがとうございます。
そういう風にいってもらえるとまた作っちゃうかも…(調子に乗り過ぎ)
まだ当分先だと思いますが^^

こちらこそ、塾長をあんなイケテルワンズ…IKEWANに
していただきまして、本当にありがとうございます。
ひょっとしたら生き霊となってmamさんの枕元で
顔をペロペロしていたのかも。何か臭いにほひしませんでした?

そうなんです!ゴマ豆腐っていったら、ゴマねぇさんしか
思い浮かばなかったという^^
プロフィール

まんだりんず

Author:まんだりんず
<塾長みかん>愛媛出身福岡育ち
根性の無さといびきのでかさは誰にも負けない無芸大食パグ
<塾生A:みかんパパ>長野生まれのインテリ
<塾生B:みかんママ>福岡生まれで九州男児よりも喧嘩早い

福岡から長野へお引っ越し。ただいま奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
original movie

フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。