スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台放浪記

仙台へ行ってきた。今回は久々に写真をアップする。
むしろ写真だらけ。最近写真をアップしなかったのは写真のアップの仕方がわからないという
初歩的過ぎる理由からである。

5月26日 21:00 仙台入り
仙台駅の近くにあるビジネスホテルにチェックイン。仙台は大きな街だと聞いていたが、
これほどに都会だと思わず驚く。

5月27日 朝食を食べ終え、旦那は仕事へ。私はデジカメを片手に外へ出た。

まずは政宗公が眠る瑞鳳殿に出向きご挨拶。
急な坂道や階段が少々堪えたがなんとか到着。
P5270095.jpg


政宗公の鎧が展示してあるという仙台市博物館へ
P5270112.jpg

今飾ってあるものは模造品という事を教えて頂き落胆。
しかし政宗公の達筆な書に驚かされる。

さて今日のメインである青葉城へ。途中東北大学理工学部の広すぎるキャンパスに
目を見張っていると到着。
政宗公と記念撮影。
P5270128.jpg


近くで政宗公と片倉小十郎に扮したスタッフの方と。
平日にめぐり会えることは珍しいらしく、日頃の自分のおこないに感謝する。
P5270152.jpg


5月28日 今日は日本三景松島へ行ってみることに。

まずは海の神様へ挨拶をしに塩竃神社へ
P5280182.jpg

駅からも遠いのだが、塩竃神社へと続くこの階段に気力を削がれそうになりながらも何とか
到着。愛らしい狛犬が疲れた体を癒してくれる。
P5280176.jpg


遊覧船に揺られ松島へ到着。
P5280256.jpg


政宗公が愛したという正室の愛姫へ挨拶するため、瑞厳寺へ。
才色兼備の愛姫にあやかりたいと手を合わせる。
P5280287.jpg


松島のシンボル五大堂へ。
P5280312.jpg

写真を撮って下さったご夫婦と話がはずむ。旅行が大好きでキャンピングカーで
全国津々浦々出かけるのだそう。旅はこういった出会いもまた楽しだ。
ご夫婦にお礼を言って松島を後にする。

仙台駅に戻りまだ時間があるので、バスに乗り伊東豊雄が設計したという仙台メディアテークに
足をのばす。ここは建物自体が面白い。区切られたスペースというものがない。図書館があり、
イベントスペースがある。無限に広がる文化の宇宙を生み出すというと大げさかもしれないが、
何かを生み出す発信基地としてはふさわしい場所なのかもしれない。
P5280354.jpg


5月29日 最終日 明日長野に帰る。
今日は片倉小十郎公に挨拶をしに白石へ。

白石城
P5290432.jpg

片倉小十郎といえば伊達政宗公の右腕として活躍したといわれる人物だ。
政宗公が天然痘で飛び出した右目を家臣に突き潰す様に命じた際、誰も主君の
顔に傷をつける等と躊躇している中、さっと歩みでて短剣で突き潰したという。

さて帰り道片倉小十郎の家臣が住んでいたという武家屋敷へ。
しかし観光客が私しかおらず写真を撮ってもらうのは無理かと
思っていたら、駐車場の管理の方が撮って下さった。しかも
「そこは吉永小百合さんが立った場所だよ。」と教えてもらい、
吉永小百合さんの大ファンである私は思わず狂喜乱舞。
P5290530.jpg


ちなみに吉永小百合さんの写真はこちら
P5290532.jpg

……。お美しい。見比べると…ウィキュペディアで月とスッポンの画像に用いることができそうだ。

仙台は食べ物も美味しく、人も本当に親切で、駅周辺は都会なのでショッピングも楽しめる。
ちょっと足を伸ばせば美しい自然や歴史的建造物もある。また行きたいが…長野からだと車で6時間、
電車でも一度東京に出て新幹線に乗り換えるので時間がかかる。
ああ…また行きたい、しかし遠い。まあとにかく楽しい旅であった。
プロフィール

まんだりんず

Author:まんだりんず
<塾長みかん>愛媛出身福岡育ち
根性の無さといびきのでかさは誰にも負けない無芸大食パグ
<塾生A:みかんパパ>長野生まれのインテリ
<塾生B:みかんママ>福岡生まれで九州男児よりも喧嘩早い

福岡から長野へお引っ越し。ただいま奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
original movie

フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。